本レビュー:いったい何があったのか‥【清原和博 告白】を読んでの感想レビュー

スポンサーリンク

こんにちは、ガイドです。

今回は「清原和博 告白」を読んでみましたので、感想レビューを書いていこうと思います。この本は発売されたばかりの本なので、内容については触れることが出来ませんが、どうのような感じだとか流れで清原元選手(以下、清原選手)「告白」しているのかを、伝えられればと思っています。

ドラフト会議や桑田選手や巨人に移籍してからの事、そしてあの事件のこと等をいったいどの様に告白しているのでしょうか。

スポンサーリンク

清原和博 告白

本の構成

この本は記者が清原選手と実際に会い取材した内容を構成し書籍にした感じの本です。ですので、取材中の清原選手の様子や、語る内容によっての表情や仕草の変化なんかも織り込まれて書かれています。

また、画像が多く使われており、高校時代の懐かしいものからプロ野球を引退するまでの数多くの写真を見ながら、清原選手の「告白」を読み進めることが出来ます。

著者等について

著者:清原和博

1967年8月18日、大阪府で生まれる。小学3年生から野球を始め高校時代はPL学園で5季連続(1年生の夏、2年生の春・夏、3年生の春・夏)甲子園大会に出場している。その5回出場の成績がまた凄く、優勝2回(1年生の夏、3年生の夏)、準優勝2回(2年生の春夏)を記録している。個人成績でも甲子園通算本塁打13本という歴代1位の記録を保持している。

プロ野球時代は、1967年ドラフトを経て西武に入団、1997年FAで巨人に移籍、2006年オリックスへ移籍、2008年に引退。

西武時代には中心選手として6度の日本一を経験在籍11年で329本塁打、巨人時代在籍9年間で185本塁打オリックス時代在籍2年で11本塁打を記録し、通算本塁打数525本(歴代5位)。

2016年2月、覚醒剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6カ月・執行猶予4年という有罪判決を受ける。


私の年代(40歳代)の人達とって清原選手は甲子園の大スターで、小学校当時に野球をやっていた私や周りの友達にとってもスターでした。高校野球の名門PL学園で投手の桑田選手と共に「KKコンビ」等と称されて輝かしい成績を残した清原選手、あれ以来甲子園を湧かせた多くの有名選手がいましたが、バッターで清原選手ほど見ていて興奮した選手は出てきていないと思います。この話は要らないかもしれませんが小学校時代、私の周りでは殆どが清原派でした、桑田派は少数でした‥。

取材・構成:鈴木忠平

1977年千葉県生まれ。「Number」編集部所属で、主な著書に「清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実」

主な内容と感想レビュー等

少年時代から現在までを思い出しながら振り返っての「自叙伝」のような内容となっています。

あの美しい右方向への打法がどの様に生まれたのかという秘話や、一年生から甲子園で活躍していた時期の寮生活の話など、けっこう「そうだったのか」と思える興味深い話が多々書かれています。

勿論、桑田選手・ドラフト・巨人・番長イメージ・引退・逮捕のこと等も語られていますので、個人的には読み応えがある内容でした。

そして取材・構成した鈴木氏が、文中に清原選手の語っている様子や仕草を織り込み、どんな感情で語っていたかという事も想像することができ、より読み応えがある物になっていると思います。

そしていったい本の題名である「告白、清原選手はこの本を通じていったい何を告白するのでしょうか

スポンサーリンク

まとめ

野球少年だった私にとって、甲子園で活躍している時から清原選手のファンでした。巨人に移籍した時も私は巨人ファンではないのに清原選手だけは応援していました。それくらい長年応援できた選手はいませんでした。

でも、高校時代と西武ルーキー時代の清原選手の印象が凄過ぎて、正直巨人時代のことはもう忘れてしまっていました。そしてこの本「清原和博 告白」を読んで、懐かしい人だと思ってしまいました。逮捕されてからは勿論、逮捕される少し前からほぼテレビで観た記憶がないので‥。凄く前に応援していた野球選手という感情で本を読み進めました。

結局読み終えて私の中で清原選手は、甲子園で活躍した懐かしい大スターという印象でした。清原選手を思い出したい方にもオススメする本だと思います。

合わせて読みたい

公表されていない遺留品!?【府中三億円事件を計画・実行したのは私です。】感想レビュー。「犯人しか知り得ない事実」とは!
【府中三億円事件を計画・実行したのは私です。】あの有名な未解決事件をやったのは自分っす!って感じのタイトルに惹かれ買っちゃいました。この本を読まない手はないと思い、早速読んでみたんで感想レビューを書き留めていこうと思います。 「公表されていない遺留品」とは!?「犯人しか知り得ない事実」とは!
テレビ朝日8月5日放送の【ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙】を観て思ったこと
そ総選挙の結果なんですが、私の予想とは違っていましたので単にこのブログに、今まで小学生の時から約35年くらいは見続けてきたあろう私の、独断での考えを書き留めておこうと。 人に順位を付けるのは失礼だということや決まった順位に対し「自分とは違います」とか言っちゃうのは恥ずかしい事だとは重々承知しておりますがご了承ください。
遂に決勝戦!第100回全国高校選手権・夏の甲子園でまた1人のレジェンドが誕生するかもしれない‥。
夏の風物詩「夏の甲子園」といえば、今年で100回記念大会となる【全国高校野球選手権大会】ですが、この大会で久々のレジェンドが誕生するかもしれません! 過去記事でも書きましたが、甲子園と聞いてパッと出てくる選手は意外と限られていて、清原選手や桑田選手等がそのレジェンドと言われいる代表的な選手だったと思います。
第100回全国高校野球選手権【夏の甲子園】、いったい何でこんなにも高校野球は人気なのか?
連日熱戦が繰り広げられている全国高校野球選手権「夏の甲子園」、もう夏の風物詩になっていますが、なんでこんなにもこの大会が注目されているのかというと、ご存知の方ばかりだとは思いますが、何と今大会が第100回大会なんです。 こんなに毎年やってんだから、夏の風物詩って言われんの当たり前だって聞えてきそうですが‥。