会社の辞め方|退職までの5ステップと不安や障害を乗り切る方法とは

会社の辞め方|退職までの5ステップと不安や障害を乗り切る方法とは働き方を考えるブログ

「会社を辞めたいけど、何から始めればいい?」
「会社がつらい…でも退職は面倒だから我慢…」

会社を辞めたい、転職したい、などと常々考えていても、行動に移せずに月日だけが過ぎてしまっている会社員も少なくないでしょう

自分に合わない会社や職場環境で働き続けるのは、心身ともにダメージを受け続けてしまいます。

行動に移せないのは「退職を経験したことがないから、辞め方がわからない…」ということが理由かもしれません。

このページでは、会社の辞め方を5つのステップで解説し、退職への不安や障害を乗り切る方法を紹介します。

退職までの「5ステップ」

未経験のことを自分だけで悩んでは、なかなか行動には移せないものです。

会社を辞めるまでの順序をしっかりと理解すれば、前向きに退職や転職を考えられるようになるでしょう。

ここでは、退職までの以下5ステップについて説明します。

【退職までの5ステップ】

  1. 退職の意思決定
  2. 家族の説得
  3. 上司へ退職を申し入れる準備
  4. 上司へ退職の意思を伝える
  5. 退職届など退職日までに準備すべきこと

ステップ1:退職の意思決定

まず、会社を辞めることの決心が必要です。

退職を考えるきっかけは人それぞれですが、辞める意識決定をするときにはポジティブな気持ちであったほうが、その後の生活に好影響を与えられます。

ネガティブな理由や気持ちで退職してしまうと、再就職後も同じ結果になるケースも少なくありません。退職を後悔しないためにも、ポジティブな退職理由を見つけたうえで退職への行動に移しましょう。

退職意思決定についての詳細は、関連記事も参考にしてください。

関連記事:退職の意思決定で重要なのは1つ!辞めたいときに考える2つポイント

ステップ2:家族の説得

結婚や同棲しているならパートナーを説得する必要があります。また、独身者や若い会社員なら両親などを説得しなければならないケースもあるでしょう。

とにかく、メインで生活費を稼いでいる家族が「会社を辞めたい…」と告げてきたら、ほかの家族は不安を感じます。

この不安を軽減させる内容を上手に告げることが、家族を説得するうえで一番大切なことです。

家族の反対があっては、退職後に些細なことでも家庭が崩壊してしまう可能性もあります。ここは、もっとも重要な部分なのでしっかりと伝えられるように準備しましょう。

家族の説得についての詳細は、関連記事も参考にしてください。

関連記事:退職したいと家族を説得!反対されず納得してもらう2つのポイント!具体例も紹介

ステップ3:上司へ退職を申し入れる準備

上司へ退職の意思を申し入れることがもっとも会社を辞めることで緊張する瞬間かもしれません。これが、自分の退職を会社側へ伝える最初のステップです。

退職を上司へ伝えるには、上司と2人になる環境をつくる必要があります。また、上司の都合のいい日時で、さらに自分の退職希望日を考慮した日時での調整も必要です。

こういった上司への面談を申し出る際には、直接伝えるべきかメールでいいのかなど、迷うこともあるでしょう。

関連記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

関連記事:上司へ退職を伝える準備!メールでOK?伝えるポイントと例文!

ステップ4:上司へ退職の意思を伝える

いよいよ退職の意思を上司へ申し出るのですが、この場は相談ではなく自分の決意したことを伝える場です。

そのためには、事前に準備しておくことも少なくありません。

ほとんどのケースでは上司から退職を引き止められるため、上司が納得するような退職理由や今後の自分についてなど、しっかりと答えられるように準備する必要があります

また、この面談一度で済ませるために、伝えるべきポイントも少なくありません。

上司へ退職を伝える際のポイントの詳細は、関連記事を参考にしてください。

関連記事:上司へ退職の意思を伝える2つのポイント!引き止められないための準備

ステップ5:退職届など退職日までに準備すべきこと

無事に退職が決まったら、退職日までにすべきことを考え準備を進めましょう。

有給休暇を消化して会社を辞めるなら、最終出勤日までに引き継ぎや挨拶などを済ませる必要があります。

また、退職届の提出や会社への返却物の準備など、対応することも少なくありません。

詳細は、関連記事を参考にしてください。

関連記事:郵送OK?退職時に会社へ返却する4つのリスト!退職日に出勤しないときは?

関連記事:退職挨拶はメールでOK?社内・社外別や上司・同僚別の例文!お菓子相場も紹介

退職への不安や障害を乗り切る方法

会社を辞めたくても、再就職先が決まっていなければ不安を感じるものです。

また、勇気を出して上司へ退職の意思を伝えたのに、辞めさせてくれないケースもあります。

これらの不安や障害を乗り切るには、転職や退職を支援サービスを利用するのも1つの方法です。

関連記事:退職代行サービスおすすめ15選!失敗のないサービスの料金比較!

20代の転職・就職支援サービス7選!フリーターやニートもOK!
このページでは、既卒・第二新卒・中途・フリーター・ニート・未経験業種への転職など、20代の若手人材に特化した転職エージェントなど転職・就職サービス7選を紹介します。自分に合ったサービスを選び、納得いく転職を叶えるための参考にしてください。

まとめ

会社を辞めるには、さまざまな準備が必要です。しかし、それらの流れを把握しておけば辞めたい会社の退職を検討しやすくなります。

もし、退職に不安や障害があるなら、プロの支援サービスの利用を検討することも考えてみてはいかがでしょうか。