上司に会わずに退職する簡単な1つの方法!退職を伝えられなくて悩んでいま会社員必見!

スポンサーリンク
会社員について考える

「もう会社を辞めたい…」「もう会社へ行きたくない…」「もう会社の人に会いたくない…」など、退職したいと強く感じている会社員も少なくないでしょう。

会社を辞めたいと考えている時期は、日曜夜の憂鬱な気持ち、月曜朝の絶望感は毎週のように襲ってきます。

しかし、どれだけ会社を辞めたくても「今日で退職します」というわけにもいきません。

「もうこんな会社は無理!」と考えても、退職を上司に伝えられないことや、勇気を出して上司に退職を伝えても辞めさせてくれない…。というケースもあるでしょう。

退職を伝えるのもキツいし、それで退職できなかった場合もキツいし、結局退職を伝える前よりも会社へ行くのがキツくなってしまいます

この記事では、どうしようもないくらい辞めたい会社を「辞めることができない」つらい状況から抜け出す簡単な方法を紹介しましょう

スポンサーリンク

会社を辞めたいけど辞めれない、という悩み

強く退職したいと願っても、退職できないことが多くあります。

そこには、どのような理由があるのでしょうか。

退職を上司に伝えられない

一般的に退職は直属の上司に伝えないと何も始まりません。しかし、この退職を伝えることが1番と言っていいほど難しいことではないでしょうか?

特に、普段から怒鳴り散らすようなパワハラ上司へは、退職を伝える環境を作ることすら難しいでしょう。

また、退職理由が思い付かないことや、引き留めされたら「上手くかわすことができるのか?」など、さまざまなケースを考えてしまい言い出せないこともあります。

辞めさせてもらえない、またはそう考えてしまう

勇気を出して上司へ退職を伝えても、全く取り合ってくれないし、その後の話が全く進まずに無かったことにされるというケースも考えられることです。(私もこれは経験したことがあります…)

また、上司に退職を伝える前に「どうせ辞めさせてくれない」と考えてしまい、言い出せないということもあるでしょう。

これは、辞めさせてくれないと分かっているのに退職を伝えることで、さらに自分が会社で嫌な思いをするかもしれないと考えてしまうためです。

他の社員のことを考えてしまう

忙しい時期やどう考えても人出が足りない状況で、退職を躊躇してしまうこともあります。

他の社員も我慢している筈だと考えてしまうため、自分が辞めると言い出したら恨まれてしまうと考えてる人もいるのではないでしょうか。

結局、会社を辞めれない人の悩みって?

結局、社員を円満に退職させる考えが無い会社や上司へは、自分が退職の意思を伝えても話が進まないということがほとんどです。

それが、退職を考えても会社を辞めることが出来ない人の悩みだといえます。

スポンサーリンク

退職が難しい、じゃあどう退職するのか

退職を、会社の上司が取り合ってくれない、じゃあどうやって会社を辞めるのか…。

いくつかの方法を考えてみましょう。

突然会社に行かない

これは絶対にやるべきことではありません。

よっぽどつらくて自身が危険な状態と判断しない限りは、この方法はダメです。

働いていた年数にもよりますが、退職金も貰えませんし、離職票も受け取れないためハローワークで失業手当等の手続きができません

時期をあらためる

退職の意思を伝えても受け入れてもらえなかった場合、少し期間を開けて再び退職を伝えてみるという方法です。

しかし、我慢している期間がつらすぎるという問題があります。

私が退職したケースはこの方法です。

しかし、実に10年以上も期間を開けての退職だったので、全く参考にはなりませんが…。

プロの退職代行サービスに依頼する

退職するには会社の規定などに従い、退職届の提出などさまざまな手続きがあります。

会社員である限り、会社の決まりに則って退職を進めなくてはいけません。

しかし、会社を辞めたくても辞めさせてもらえないという状況では、もう1度だって会社に行きたくないし誰とも会いたくない、ということがほとんどでしょう。

そのようなケースでは、会社に突然行かなくなるという方法がありますが、会社の決まった手続きをしなければ会社は正式な形での退職と認めてくれません。

ただの無断欠勤として扱われてしまい、退職後不利になってしまうケースもあります

無断欠勤の日数によっては賞与が貰えなかったり、退職金が著しく減額されたりとさまざまなケースが考えらるでしょう。

そしてもちろん、解雇されることも考えられます

自己都合で勝手に来なくなった社員として、会社にはほとんど痛手がありません。

退職金も連絡が取れないという理由で、払われることはないでしょう。そもそも退職というより解雇扱いになりますので退職金など考えられません。

辞めたいのに辞めさせてくれない会社を相手にしては、こういったトラブルが多く潜んでいます

これらのトラブルは、自分では解決できないことがほとんどですし、初めて退職する人にとってはどう対応していいのか判断できる問題ではありません。

しかし、トラブルが起きる前に、プロの退職代行へ相談することでトラブルを防ぐことが可能です。

スポンサーリンク

退職代行のプロに任せることで簡単に退職できる!

トラブルになりそうな場合、自分では会社に言い包められるなど、理不尽な扱いを受けてしまうケースがあります。

退職代行サービスに相談することで、簡単に解決できる可能性があるのです。

全てを代行?「退職代行サービス」とは

退職代行サービスは、その名の通り自分の代わりに退職の意思を会社へ伝えてくれるサービスです。

以下のような方にオススメのサービス!

  • 退職の意思を上司へ伝えられずに困っている…
  • 退職の意思を地耐えたのに辞めさせてもらえない…
  • 後味が悪い退職ではなく円満退職を目指したい!

また、ただ会社へ退職を伝えるだけのサービスではなく、さまざまなサポートを受けられます。

  • 退職書類のやり取りなども任せられる
  • 保険証などの面倒な事務手続き方法も教えてくれる
  • 会社の人と会うことも話すこともなく退職可能
  • 有休休暇の取得連絡もしてくれる
  • サービスによっては弁護士や労働組合が会社と交渉してくれる

自分だけではなく、退職代行を使われた会社も納得するサービス「退職コンシェルジュ」がおすすめです。後腐れの無い円満な退職を望むなら検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは公式HPで確認してください。

公式HP → 退職コンシェルジュ

弁護士や労働組合が対応するサービスなら会社と交渉可能

退職代行サービスを展開する民間業者へ依頼すると、強引な退職を行うことで会社とトラブルに発展することも少なくありません(全ての民間業者というわけではありません。一部の業者です)。

会社とトラブルを起こさないため退職代行を使ったのに、それが原因でトラブルになってしまうのは本末転倒です。

しかし、法律のプロである弁護士や、労働者の代理を目的とした労働組合なら、会社とトラブルになる可能性が著しく減り、トラブルになっても会社との交渉もしてくれます

さらに、残業代や給料未払いが合った場合でも、しっかりと対応してくれるでしょう。

自分は、会社へ行くことなく、トラブルにならずに円満退職ができるわけです。

詳しくは公式HPで確認してください。

公式HP → 退職コンシェルジュ

再就職の不安は転職エージェントで解決!

転職エージェントは、自分にマッチした企業への転職をサポートしてくれるサービスです。

会社を辞めたくても、再就職に不安を感じ決断できない方もいるでしょう。

多くの業種への転職をサポートするサービスや、ひとつの職種に特化したサービスなど、さまざまな転職エージェントがあります。

特徴は、すべてのサービスを無料で受けられることです。

若い世代ならreフレッシュ転職ゲキサポ!転職がオススメ。20代の若い会社員が、新たな職種へも挑戦できる可能性を広げてくれます。

公式HP → reフレッシュ転職ゲキサポ!転職

30〜40代以上の方にはSamurai Jobなどのハイクラス転職に特化したサービスをオススメします。今よりもやりがいある仕事や、高待遇の企業への転職を目指せます!

公式HP → Samurai Job

これら支援サービスを受けることで、嫌な上司や先輩社員がいる会社から、離れることができるのです。

スポンサーリンク

まとめ

退職代行を頼んだら「なんであんなに悩んでいたんだろう」と思える日がくるでしょう。

悩んでいるときは、全てが上手くいかないような気になってしまいます。

普通は自分で全ての退職手続きをするのが当たり前でが、そうできない、させてくれない会社があるのも事実です。

自分がどれだけ誠意をもって退職を伝えても「全く会社が取り合ってくれない」なんてことは、よく聞く話ではないでしょうか。

困っている人が多いから、退職代行というサービスも生れたということです。

上手くいかないことに悩んで時間をかけるのは、人生を有意義に過ごすことにおいて良い選択とは言えません。

悩んで前に進めず足踏みしているなら、支援サービスを積極的に利用すべきではないでしょうか。