PSVRを2週間放置してから再び利用しVR酔いするのかを検証てみた結果

スポンサーリンク
PSVR

2週間くらいPSVRを利用しなければ再び「VR酔い」しやすくなるのかを試してみました。

買った当初はVR酔いしましたが、数日使っていると慣れのため酔わなくなります。

自分の体は完全にそのVR酔いに耐性が付いたのかを検証しようと考えたのです。

スポンサーリンク

2週間ぶりにPSVRを使ってみる

今回は、「YouTube」のVR動画で検証してみました。

VR酔いはなかった!

結果から言うと全然VR酔いしませんでした。

初めの頃は耐えられないくらい目が回り酔ってしまったVR動画、今では全く酔いません。

「PSVRは、2週間ぶりに使ってもVR酔いはしないし、VR慣れした体のままでいられる」と結論がでました。

これで記事は、終われません。もうひとつ気が付けたことがあったのです。

久々にPSVRを使って感じられたこと

今回は、VR酔いを調べようとしてたのに、もっと凄いことを感じました。

それは、VR動画が凄過ぎることです。2週間ぶりなので全てのVR動画が新鮮でリアルで臨場感がハンパなく凄く感じてしまいました

初めてVR動画を観たような感覚になり、恐らく2時間くらい観てしまったと思います。しかもVR版ユーチューブ動画も増えていて、時間も忘れるくらい熱中してしまいました…。

久々にPSVRを使うとかなり熱中できることがわかりました‥。

あのゲームはどうなのか

あのゲームとは、過去にPSVRでプレイして完全に酔ったゲームです。しかも、VRゲームじゃない2Dゲーム。

これはPSVRの「シネマティックモード」を使って「ファークライ5」をプレイしたときに酔ってしまったものです。

これだけVR酔いに耐性がある私なら、もう全く問題ないはずだったのですが、酔います‥。やっぱりこのゲームだけはテレビでのプレイがオススメです‥。

スポンサーリンク

まとめ

まとめると、「約2週間ぶりのPSVRは酔わないどころか感動することができる。しかし、ある特定のゲームだけはその限りではない‥」という感じです。

検証結果:耐性は残り感動は再び、しかし例外がある。

もちろん個人差が大きく影響すると思いますので、体調には十分注意してPSVRを楽しんで下さい。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。